のんびり水冷PC作り

PC自作、水冷に興味を持ってのんびり作成しているサイトです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サブPC更新作業開始~

サブPC用の更新部品が届いたので作業を始めました。
とは言っても今回は時間も無く部品の確認と分解清掃作業でほとんど時間を取られてしまい組立まで進むことが出来ませんでした。
こちらが今回更新で使う部品の写真です。

DSC_0054のコピー

今回の主な変更部品はリザーバー、ポンプ、ラジエーターの3つです
交換に伴い内部の配線の見直しも同時に考えていきます。

DSC_0057のコピー

Black Ice SR1 360 です。
もともと付けているのも360ラジエータなのですが理由はありませんが更新します。

DSC_0058のコピー

XSPC Single DDC Dual 5.25 bay Reservoir + Swiftech MCP35B-BK DC Pump
を組み付けた状態の写真です。
今まで KOOLANCE PMP-300 を使っていましたが交換です。
能力的にはあまり変わらないようなのでこの構成ならば問題無く働いてくれると思います。

3月末ぐらいにはメイン機用の部品も届くので早めに作業を終わらせたかったのですが出来ずに休みが終わってしまいました。
焦らず確実に作業を進めてブログも更新していこうと思います。
  1. 2013/03/24(日) 21:40:08|
  2. 水冷PC作成関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第1陣到着の連絡

発注していたメインPC用の部品が到着しました。
内容については水枕がまだ取り寄せ中なのでしばらく伏せさせていただきます。

気分が乗ったのもありサブPC用に水冷部品を新規で購入して組み直す予定になりました。
最初に作ったのもあり大変大雑把でよく運用出来ていたなと、今になって思います。
週末に作業を開始するので土日くらいには作業風景を上げれると思うのでお待ちください。

そして話は変わりますがこんなPCケースが春頃に販売されるらしいですね

992.jpg
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130319_592335.html
http://www.corsair.com/900d
こんなケースらしいですがなかなか魅力的な感じですね。搭載可能なラジエーターサイズが気になります。
細かい写真やデータが欲しいですね。私の場合、良ければ確実に買うんでしょうね。
  1. 2013/03/19(火) 22:19:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

部品取り寄せ中~

3月に入りさっそくに「GeForce GTX Titan」が販売されましたね。
とてもとても惹かれるすばらしい製品なのですが1枚で13万円もかかるのもあって4枚購入を検討することも無くあっさりと諦めることにしました。
その前に在庫無しなのもあって入手困難な状態なので同じメーカーで集めるのも大変そうですが・・・。
もう少し安くなるか臨時収入でもあれば手を出す感じで今は置いときます。

タイトルに書きましたが「GeForce GTX Titan」が販売されたのもあってか特売で安くなったので新しく部品を導入する事にしました。
購入するメインの商品は在庫の関係もあって納品までしばらくかかるようです。
商品が到着したらまた記事を書くのでその時まで何を買ったか楽しみに待っていて下さい。

このタイミングでせっかくなので水冷関係も手を加えようと思います。
ケース加工が今回は必要になりそうなのでここでも記事が書けたらいいなと思います。
  1. 2013/03/13(水) 23:01:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最新版「3DMark」が配信されたのでまわしてみた

2013年2月5日に最新版「3Mark」が配信されたのでどのような結果が出るかまわしてみました。

テストで使用したPCのスペックはざっくり乗せます。

CPU:Core i7-3960X
VGA:GTX580
マザーボード:ASUS Rampage IV Extreme

3回まわして一番良い結果がこれです

3DMARK GTX580

4Gamerでの「デスクトップPC向けGPU計14製品で新世代「3DMark」を回してみた」の結果を見ていると今のGPUは安くて性能が向上しているのが改めてわかりました。

試しに4Way-SLIでの動作テストをしたのですがSLIでうまくテストが出来ないのか結果がまったく伸びませんでした。
テスト後にGPUの枚数が4枚になっているのが確認できているので認識はされているようなのですが、しばらくすれば解決策がわかるだろうしそれまではテスト結果は保留とします。

解説を見ていると
DirectX 9世代の「Ice Storm」→モバイルデバイスやエントリーPC向け
DirectX 10世代の「Cloud Gate」→ノートPCやホームPC向け
DirectX 11世代の「Fire Strike」→ゲーム用PC向けとしている
と書かれていたり、
「ハイエンドGPU搭載環境でIce Stormを実行しても意味はない」
とも説明していたりするので
「Fire Strike」での比較をすれば良いのかと思いました。
  1. 2013/02/05(火) 22:03:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

aquasuite 2012 - Release Version 1 について

11月に使用しているファンコンのソフトが正式版になったので早速インストールして色々と確認していました。
「aquacomputer aquaero 5 PRO USB fan controller」が導入されています。
今まではとりあえず水温、流量、ファンのコントロールが出来たらよかったので気にしていなかったのですがこのソフトでロガーデータを取れる機能があるのを知り使い方を探っていました。
まだ理解しきれてないのですがこんな感じで取得出来るようです。
201212052241.png
もう少し触って高負荷ベンチマークでのログ取得とかに使える様に現在勉強中です。
他にも色々機能があるのですがまだ調べている所なのでわからないことだらけですが「aquacomputer poweradjust 2」などの製品と繋ぐ「aquabusケーブル」での制御が出来る様になっていたましたね。
昔はaquabusケーブルを使って制御しようと思っていたのうれしいのですが今は使ってないので今後は候補に入れてみようと思います。
他にポンプの制御が出来るようなのですがこの機能は私は使わない気がします。

製品として販売されて確か1年半ほど経った気がしますがやっと機能が一通り使える様になった感じですね。
流量計も新製品が出ていた気がするし折角だから買って繋げてみようかな?と購入したら記事として書こうかと思います。
  1. 2012/12/06(木) 00:07:59|
  2. PC部品関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ZeroGrave

Author:ZeroGrave
空冷や水冷に手を出して遊んでいる自作PC好きです。
やってみたいと思った事にはコストは気にせずに行動・・・してみたいです。
アドバイス等よろしくお願いします。
リンクフリーですのでご自由に追加して下さい

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

水冷PC作成関係 (18)
PC部品関係 (5)
未分類 (7)

最新コメント

アクセスカウンター

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。